【ゲームレビュー】ファイナルファンタジー7 リメイク「PS1の伝説的RPG名作をPS4にて現代のRPGらしくまとめ上げた傑作」

ゲームReview

1997年1月31日に発売された『FINAL FANTASY VII』のリメイク作品です。

20年以上の時を経て”PS4”に登場しました。

ファイナルファンタジー7とは

当時プレイステーションとセガサターンどちらもほぼ拮抗した売り上げを記録していました。

そこで唐突に発表されたタイトル、それが「FF7」です。

このタイトルの発表により、一気にPSが優勢となりDQなどのビックタイトルもPSで発売することになりました。

 

”伝説のゲーム”などと呼ばれているのはそのためです。

FINAL FANTASY VII【Nintendo Switch】|オンラインコード版

プラットフォーム : Nintendo Switch
CEROレーティング: 12才以上対象 

リメイク版

リメイク版はFF7におけるミッドガル編のみを再構成しています。

そのため、今作では完結しません。

原作対比で1/3、1/4程度のストーリーとなります。

 

それだけ書くとリメイク版は残念なボリュームなゲームに思えますが、

そんなことはなく原作ストーリーの掘り下げや、新キャラクター、新たなシステムなど

PS4向けタイトルとしても一級品と言っていいほど盛りだくさんな要素が詰め込まれています。

中世ファンタジーではなく現代的でもある”独特の世界観”

FF7は従来のFFから大きく世界観が変わっており中世ファンタジーではなくなっています。

(前作であるFF6の時点で機械文明を押し出した世界観へと徐々に移り変わってはいました。)

当時その世界観の変化もインパクトを与えたのです。

 

最初の舞台はミッドガルと呼ばれる都市。

「新羅カンパニー」と呼ばれる企業が築き上げたプレートの上に成り立っています

世界は新羅カンパニーが作り出した「魔晄炉」から得られる

”魔晄エネルギー””によって支えられています。

 

しかし、この魔晄エネルギーは星の生命を吸い上げることで成り立っており、

将来的に星を滅ぼす可能性のある危険な存在となっているわけです。

 

それを阻止するためにアバランチと呼ばれる組織と、

雇われ兵士のクラウド(主人公)が奔走する所で物語が始まります。

現代的な建築物や車など中世ファンタジーRPGとは世界観が異なる。

大きなプレートの下にはスラムや瓦礫だらけのエリアなどが存在しており、アングラな雰囲気を感じられる。

 

章に当たるストーリー。続きが気になる展開の連続

原作のストーリーと大筋は同じだが展開が異なる場面もある

大筋の流れは原作のミッドガル脱出までと同じですが、

原作では7~8時間程度のストーリーだった部分が30時間程度に増えています

 

ただ無理やり引き延ばしただけでなく、大きく展開が異なっている部分もあり

原作を知っていてもどんな展開になるのか続きが気になる作りになっています。

原作にはなかったイベント展開多数が追加されている。少々蛇足な部分もある。

 

原作では一つのミニイベント程度だった、

クラウドが女装して侵入するシーンも大幅にアレンジされています。

(印象的なイベントではあったが、少々やりすぎな気もしなくはない)

リアルなグラフィックになったせいで結構恥ずかしい絵面に。

 

終盤には、予想を裏切る大展開もあり個人的には続きがより気になりました。

賛否があるようですが、

単純なリメイクではないからこそできるストーリーでの遊びだと思います。

 

是非、事前情報なしでプレイしてみてほしいです。

 

あまり書くとネタバレになりそうではありますが、アニメ界隈で例えると

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」的な立ち位置というと伝わりやすいかもしれません。

戦略性の高いアクションとカスタマイズ要素

アクション戦闘だが、戦略性を重視したゲームデザイン

バトルのベースはアクションではありますが、FFシリーズで特徴的な

ATBゲージ(アクティブタイムバトル)と呼ばれるゲージを管理して戦うことが主になっています

 

右下のゲージがATBゲージ。

 

バトルの流れはシンプルで、通常攻撃を当てることによって、

このATBゲージを貯めて「強力なスキル」を放ちダメージを与えていくことがメインになります

 

敵には体力以外にも”バーストゲージ”が存在しており、

蓄積させるとダウンが発生し、一定時間ダメージ量がUPすることが可能です。

 

そのため、単純に体力を削るだけではなく敵に合わせて弱点を突き、

バーストを狙うなど攻略法を変える必要が出てくるように設計されています

 

ATBゲージを使ってスキルを選ぶときはウェイトモード(スローモード)へと移行するため

アクションが苦手な方でも「焦って入力を間違えてしまった!」ということはなく遊べます。

また、スローが嫌な場合はショートカットに設定することで

ガチのアクションゲームとして遊べることも良い点です。

スローモードになると画面が暗くなり、動きがゆっくりになる。じっくりコマンドを選択可能。

 

リミットブレイクによる必殺技も原作そのまま。状況に合わせて一気にチャンスを生み出すことが出来る。

個性的なキャラクターたちを切り替えて立ち回るバトル

アクションゲームではパーティの存在が空気になりがちですが、

パーティキャラクターそれぞれに個性的な役割が与えられています。

 

・クラウドは攻撃と防御双方を兼ね揃えた万能タイプ。

・ティファは攻撃によってATBゲージを貯めやすい近距離攻撃タイプ。

・バレットは銃による攻撃主体の遠距離タイプ。

といった感じです。

 

状況に合わせてキャラクターを切り替えたり、

命令することによってより効率よく戦う必要が出てきます。

場面に応じての役割が変化していき飽きのこない戦闘が楽しめます。

空中にいる敵にはキャラクターを切り替えて立ち回る必要が出てきます。

残念ながらレッドXIIIはバトルでは使えない。次回作に期待。

ゴリ押しでは難しいバトルデザイン

アクション戦闘ではありますが、

ニーアのような「ボタンを連打して気持ちいいアクションが出来る」タイプではありません。

 

敵の動きを読みながら、しっかりと攻撃をガード(回避)して

その隙に攻撃を与えてATBゲージを貯めていく。

そして敵の弱点を見極めて有効なスキルを放つという戦術要素が強めのゲームです。

 

ゴリ押しで気持ちいい系ではないので、そういったタイプのゲームが好きな人は注意してください。

 

アクションが苦手な方向けに「オートでバトルが進み、コマンドのみを選択する」モードも用意されています。

こちらは原作のバトルシステムに近いので、誰でも遊ぶことが出来ますし、

戦略的な面白さは失われないのでアクションが苦手な方でもおすすめできます。

 

マテリアによるカスタマイズが楽しい

原作でも面白かったマテリアによるカスタマイズシステムはそのまま搭載されています。

 

マテリアというスキルのついた玉を組み合わせることで、バトルに様々な変化を与えることが出来ます。

ATBゲージを使用して使うスキルもマテリアを付け替えることで変更できます。

 

マテリアは付け替えだけでなく、組み合わせることでスキルの性能を拡張することもできます。

 

「サンダー(雷魔法)」に「ぜんたいか(全体化)」を組み合わせれば広範囲に攻撃できる魔法に変化しますし、

「たいせい(耐性)」を組み合わせれば、その属性攻撃に対しての防御を強化できます。

 

ゲームの進行に応じて手に入るマテリアを組み合わせて戦術をより強固に組み立てることが

FF7ならではの面白さです。

 

武器には今では定番のスキルツリーがあります。

どれを選んでいくかで、よりバトルが変わっていきます。

武器にスキルツリーが存在し、これによりステータスなどをあげることができる。

 

ボス戦は遊びごたえがあるが、リトライ前提の攻略法と戦闘時間の長さが気になる。

FINAL FANTASY VII REMAKE

 

ボス戦は、やりごたえを重視した設計になっています。

フェーズが存在しており進行に合わせて攻略法が変化するので、

その都度どうやって倒すか筋道を立てる必要が出てきます。

「みやぶる」ことで敵の情報を知ることが出来る。

どういったパターンでボスが攻撃してくるのか、

どのタイミングでブレイクを狙うのかを考えながら戦うことになるので

アクションのテクニックだけではない戦術が求められて遊びごたえがありました

 

ただ、とても残念なことに「みやぶる」を行って弱点を知らなければ楽しく戦えないですが、

マテリアの変更は戦闘中ではできないので、リトライするしかありません。

といってもリトライすればいいだけなのですが、

気持ち的に「カットシーンが入っていざバトル!」

となった後に、弱点だけ調べてリトライするのは気持ちが削がれてしまいました

(バトルもストーリーの流れも面白いのに没入感が減るのは少々残念。)

 

召喚獣は何故かボス戦などの主要な場所でしか使えない残念設計。

召喚獣は原作とは異なり、呼び出すことでパーティーキャラクターのようにAIで戦闘してくれます

召喚獣と一緒に戦う様は迫力満点ですし、最後に繰り出す必殺技も気持ちいいです。

ですが、残念なことにイベントの主要な戦闘でしか呼び出せません。

 

完全にパーティーキャラとして戦うという仕様のせいです。これで良かったんでしょうか…。

 

ゲーム展開は一本道。だが、サブクエストによる掘り下げがある

進行は一本道が多く、合間にできることは少ない

アドベンチャーゲーム寄りなチャプター制の進行になっている。

そのため、途中で何か別の行動をすることはあまりできません。

 

サブクエストが用意はされていますがチャプターごとの合間にできるだけで、

そのタイミングを逃すとストーリー進行の都合で遊ぶことが出来なくなってしまう残念設計

ストーリーが気になるのに、これ以上先に進むと”後戻り”できないと言われるので、

ストーリーメインで遊ぶとモドカシイ気持ちになってしまいます。

(原作のストーリーを守らなければいけないので、こういう設計になるのも仕方ないですが。)

 

サブクエストは単調なものが多く、水増し感はありました。

 

ダンジョンは分かりやすい構成で遊びやすい

ダンジョンは入り組んだ迷路ではなく、分かりやすく構成されています。

その上で、最近ありがちで面白みのない仕掛けのないトンネルのようなダンジョンではなく

昔のRPGっぽい謎解きギミックが随所に仕込まれているので個人的には楽しめました。

ダンジョンには幾つか仕掛けが存在する。あまりゲーム性がない部分もあるが、それもちょうどいい息抜きになった。

各マップを繋ぐ通路は一本道が多く探索要素に欠ける

下記の画像を見ての通り、マップの中には極端に一本道になっている箇所があります。

探索要素は薄いうえに強制エンカウントになるため少々めんどくさいです。

 

サブクエストでこのような細い道をまた進むこともあり、面倒な部分も目立ちました。

あまりにも細長い一本道。終盤ではファストトラベルが使えるようになるが、それでも長い。

 

キャラクターのモデル・モーションの完成度が高い

キャラクターの表情の豊かさ、自然な動きは一級品

クラウド、ティファ、バレットなど個性的なキャラクター達。

原作ではレゴのようなカクカクなモデルだったキャラクターたちもリアルに表現されています。

フェイシャルの技術力がとても高く、映画のよう。

キャラクターたちは実写のようなモデルではなく、うまくデフォルメされている。

キャラクターとは対照的に背景テクスチャの粗さ、書き割りの背景が目立つ

他の背景と品質のあっていないアセットが多く目立つのが、非常に残念です。

制作中に何かしら問題が起きたことを察してしまう…。

とはいえ、遊ぶ上ではそこまで気にならないでしょう。

ハリボテ感が強い。もう少し工夫はできたはず。

たまに書き割りの背景のみの場合がある。奥行を持たせるために書き割りに段階を用意できなかったのでしょうか。

その他、イマイチだった部分

●ロードの長さ

UE4だから仕方ないですが壁伝いになったり屈んで移動したりと、あからさまな裏読みシーンが多い。

ゲームデザイン上そこを行き来しないようにしてくれたらよかったのですが、

そうなっておらずNPCの配置も合わせて微妙。

 

●ストーリーの引き延ばし感は目立つ。

おそらくどれくらいのボリュームにするかを最初に決めてから作ったのであろうが、

そのためか蛇足感のある新キャラクターや会話が足されてる。

うまく追加している部分もあるので、より中途半端に感じてしまうのが残念。

まとめ

FF7の序章にあたるストーリーでありながらも、

8000円の価値を感じられるように丁寧にリメイクされています。

ストーリー主導のゲームではありつつも、秀逸なバトルシステムのおかげで

サブクエストも遊びたくなるように設計されているのもポイントが高いです。

 

気になる部分はもちろんありますが、

原作の面白さをうまく現代に向けてバージョンアップさせています。

 

FF7Rは「FF7世代ではない」方も手に取って損はない作品だと言えるでしょう。

 

原作と大筋の展開は同じですが

イベントの流れやゲーム進行に大きく変更が加えられているので

原作を最近遊んだ方でも楽しめることは間違いないです。

 

今作のみでは完結せず、

続編がおそらく2,3作品出るであろう部分は少々残念ですが、

それでも納得の完成度ではありました。


 

さて、次回作であるストーリーは原作の中盤に当たる部分だとは思いますが、

原作では中だるみ感の強いパートだったので、

一体どうやってゲームとしての盛り上がりを作っていくのか気になるところです。

そして、続編はいつ発売なのか?

続報を待ちましょう。

 

こんな人におすすめ

  • モンスターハンターのような戦略性の高いアクションゲームが好み
  • ストーリー展開の濃いゲームが好き
  • 中世ファンタジーではない”現代よりな独特な世界感”が好み
  • 原作ファン

ファイナルファンタジーVII リメイク – PS4

プラットフォーム : PlayStation 4

 


FINAL FANTASY VII REMAKE for TGS 2019

 

タイトルとURLをコピーしました