プリレンダリングとリアルタイムレンダリングの違いとは?

ゲーム制作の豆知識

ゲーム会社に入ると、

「プリレンダリングムービー」と「リアルタイムレンダリングムービー」

という単語を当たり前のように使います。

普通にゲームを遊ぶ上では気にしなくてもいい部分ですが、

制作者側になるなら知識として押さえておくと良いでしょう。

ゲーム機のスペックが上がり、不要な代物になる日も近いかもしれませんがスマホゲームでは、まだまだプリレンダリングムービーを使う所も多いので知っておいて損はないでしょう。

レンダリングとは

まず、そもそもレンダリングとは何か?というところですが、

コンピュータのプログラムからグラフィック(画像)を出力するということです。

 

ゲームでは、ゲーム機(コンピューター)にて”PLの操作”などの入力情報や”環境の変化”を計算して、その情報を画像として出力しているわけです。

リアルタイムレンダリング(Real-time-rendering)

文字通りリアルタイムに計算されているものを画像出力することです。

ゲーム機内でモデルの配置を行って、カメラの位置、ライトを計算して出力します。

そのためマシンスペックが低いハードでは、あまり綺麗な映像を出力できません。

 

とはいえデメリットだけでなく、リアルタイムで出力しているため

ムービーシーンではあるけどカメラを好きな角度に変えたり、

ゲーム中でコスチュームを変更したものをムービーにも反映させるといったことが可能です。

プリレンダリング(pre-rendering)

”プリ”とは事前という意味です。

プリレンダとはリアルタイムではなく、

ハイスペックなマシンで”事前”に計算したCGグラフィックということになります。

そのため、ハイエンドなモデルやライティングを取り入れて

ほぼ実写のような映像も作ることが可能です。

 

殆どCG映画みたいなものと思ってもらって差し支えないです。(スターウォーズなど)

ゲーム会社内製で作ることは少なく

映画などを手掛けているCG制作会社に外注することが多いです。(イマジカなど…)

最近はリアルタイムレンダリングでも、高クオリティなムービーが可能になり映画製作会社に外注することも増えています。

どう使い分ける?

プリレンダムービーは上記の通り事前に計算している映像を再生するだけなので

マシンのスペックが必要ありません。

なので、演出として綺麗に見せたいシーンやオープニングなどで多用されていました。

 

また、絵的に綺麗なだけではなくロード時間も短縮できます

リアルタイムレンダリングだとシーンに出てくる

背景やモデル、モーション、サウンドを一遍に読み込まなくてはならず

ゲームプレイ中に別場面に切り替えるとなると、

長めのロードが入ってしまっていたのです。

上記の事情もあり、リアルタイムレンダリングで使っているモデルであえてムービーを作り、それをプリレンダリングムービーとして出力するという工夫をしているゲームもあります。
とはいえ、プリレンダは良いことばかりではないです。
何故ならムービーなので容量をとてつもなく食ってしまうわけです。

解像度や画質が上がれば上がるほど容量を圧迫します。

 

また、リアルタイムレンダリングではゲーム機内でレンダリングしているため
カットシーンからそのままインゲームへ導入するといった没入感を高める工夫が可能です
どの場面でどんな手法を選択するかはゲーム性から検討する必要があるでしょう。

昨今のゲーム事情

プリレンダムービーはゲーム機の性能が低かった時代には重宝しましたが、

「PS5」や「Xbox series X」などハードスペックが上がり、

ゲーム中もほぼ実写という状況になってきています。

 

おそらくプリレンダムービーを使用するゲームは

減っていき”リアルタイムレンダリングムービー”が主になっていくでしょう。

 

ゲームをプレイするユーザーとしても

キャラのコスチュームが変わったら反映されてほしいでしょうし、

フォト機能が搭載されているゲームも多いので

カットシーン中にカメラを変えて写真を撮るなどやりたいですからね。

 

おまけ

FF7(PS1)は

プリレンダリングとリアルタイムを融合するという手法をとっている面白いタイトルです。

OPなどはとても分かりやすいです。

基本的にはプリレンダリングですが、後半の列車からクラウドが出てくる場面で

プリレンダリングの背景とリアルタイムのクラウドたちキャラクターが

重なって表現されています。

PS1ならではの機能でこういった面白いこともできたわけです。

Final Fantasy VII intro

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました