ゲーム業界の職種と仕事内容を知ろう!

ゲーム業界への就活

ゲーム会社に入りたい、ゲームを作りたい!!という夢を持つ人はとても多いです。

いまだにゲーム業界は将来の夢調査のランキングのTOPに入るくらい

なりたいと思っている人が非常に多い業界です。

(最近ではプロゲーマーになりたいという子供たちも増えてるようですが)

そんな夢の職業ですが、
実際はそのへんのサラリーマンとやってることは変わりません…。

しかも、ゲーム業界に入ったところで

実際にやりたいと思っていたことができる人はその中でも一握りです。

それでも目指したい方のために

1つ1つゲーム業界について説明していければと思います。

(ちなみに以下はコンシュマー業界/switchやPS4などのゲーム機での開発現場をベースに記載しています。)

ゲーム業界の職種

■プロデューサー

よく矢面に立つ人です。

ゲーム開発にかかる予算やプロモーションプランを組み立てることが仕事になります。

 

会社の形態によってどこまでプロデューサーが関わってくるかは変わってきます。

ゲームが主体の会社であれば、限られた予算内、人員、外部委託会社などを考慮して

どの期間内にいくら売るのかを考えていくことになるでしょう。

 

例えば某大手のようなアニメ・漫画系IPを多数保有している会社では

メディアミックス展開を考えてどのタイミングでどうやって売るのかを考えていきます。

新卒でプロデューサーになれることはかなりのレアケースだと思っていいです。

ある程度ゲーム開発の知識やプロモーションの知識のある人がなる場合が多いです。

新卒で入ったとしても、まずはアシスタントプロデューサーから学んでいくことになるでしょう。

 

プロデューサーは、ゲーム内容に深く絡んでくることはあまりないです。

 

ですが、世間一般の人はゲームがつまらなかったり不祥事があった場合この人を叩きます。

(可哀そうですが表に立つ人の役目なので仕方ないですね)

■ディレクター

ゲーム開発におけるリーダーポジションの人です。

ディレクターがゲームの指針を立てて、それをみんなで作っていくことになります。

 

ゲーム全体の遊びの設計や世界観の構築、ストーリーや音楽など全てを管理し責任を持つ立場です。

ディレクターにあこがれる人が非常に多いとは思いますが、

かなり高度な知識やリーダーシップを求められますので並大抵ではなることはできません。

(特に昨今のコンシューマー開発ではかなり難しいですし、

なれたとしてもプレッシャーを感じることになると思います。)

 

また、全体を統括することになるため、

1つのものをじっくり作るということはできないと考えたほうがいいです。

(この点、プランナーのほうがやりたいことを時間をかけて作れますね)

プランナー

ディレクターの考えた指針に対して

どういった遊びを構築していくかを設計し、実装していく立場です。

(海外だとゲームデザイナーと呼ばれることもありますね、このせいで誤解が生まれることも…)

 

どんな遊びを提供すればお客さんが楽しいと思ってくれるのか、

どんな要素があれば買いたい(遊びたい)と思ってくれるのかを考えながら

企画書や仕様書を作成していき、実装をしていきます。

 

アクションゲームであればプレイヤーや敵の動きを設計していくなど

実際にものを作ることができる楽しい立ち位置です。

アドベンチャーゲームであればテキストを書くこともできます。

 

ただ、実際にモノを作成することになるため、

どういったスケジュール感で、

どういう遊びを持たせて、

どういったパーツ(グラフィック、サウンドなど)

を用意するのかを中心に立ってハンドリングするスキルが必要になります

(小さなディレクターみたいなものですね)

 

よくコミュニケーション能力が必要だと言われるのはこのためです

。とはいえ、コミュニケーション能力といってもホウレンソウが最低限しっかりしてれば大丈夫です。

 

割と大学生でもセンスさえあればなることができる場合もある職種です。

(とはいえこのセンスが中々なものなんですが、これは今回は割愛で)

デザイナー

グラフィックに関連する仕事をする人を指すことが多いです。

一口にデザイナーといっても多種多様な職種に分かれます

 

コンセプトアートやデザイン画を描いていく方や、

3Dモデルを作成する方、

3Dモデルに対して動きをつけるモーション作成、

ゲーム画面を彩る効果を描くエフェクト作成、

いわゆるHPバーやメニュー画面などを作るUIデザイナーなど…

小さい会社だと兼任している場合もあるかもしれませんが、

本当に多種多様に別れ求められるスキルも異なってきます。

 

こちらの職種は主に美大出身者や専門学校でグラフィックを主に学んでいる方が多いですね。

プログラマー

文字通りプログラミングを行っていく仕事です。

ゲーム開発側では主に、企画が作成した仕様書に従って

動作するモノを作ることが多いとは思いますが、

それ以外にも

開発を支えるエンジン(ツール)の作成やネットワーク関連、

描画回りを担ったりと、一口には済ませられない多種多様なスキルが求められたりします。

プログラマとはいえ、企画の言っているものをただ作業的に作るだけではなく、

企画のやりたい遊びが面白いのか、

より面白くするためにはどうすればいいのか、

より作りやすく効率よく開発するために何かできないか

を考えてもらえるような方だとありがたられると思います。

サウンドデザイナー

ゲーム内で流れる音楽を作成する役割です。

ゲーム内で流れるBGMはもちろんですが、

攻撃が当たった時のヒット音(SE)や何か特殊なアイテムを

取った時に流れる短い曲(ジングル)などすべての音にまつわることを作成していきます。

 

外に出て環境音を録音してきたり、

ボイスの収録に立ち会ったりなど単純に音を作るだけではない作業も求められます。

(あと勝手な印象ですがゲーム会社っぽくない雰囲気(いい意味で)の人が多い感じの職種ですね!)

デバッカー

ゲームを作る側ではなく、チェックする側の人たちです。

致命的な不具合がないか、仕様書通りに実装されているかなどを確認していきます。

またチューニングといってゲームのレベルバランスのチェックも行います。

そのため、ゲームを発売するまでにはこの方々のチェックが必ず必要になります。

大きな会社では内部にデバッカー部隊を持っていることが多いですが、

小さな会社では外部の委託会社にチェックを任せることも多いです。

(バイトでデバッカーとして入って知識をためて開発側に移動するという

夢のような出世の仕方もありますね。実際今いるチームでもそういった方がいらっしゃいます。)

まとめ

というとこでざっくりと職種と仕事内容について書かせていただきました。

 

実際は上記以外にもゲーム会社で働いてる人はプロモーションなどほかにも色々あるのですが、

開発という点では主に上記になるかと思います。

自分が何がしたくてゲーム業界を目指すのかを職種と照らし合わせて

考えてみるとよいのではないでしょうか。

私自身はプランナー(企画)職ですが、仕事内容はとても楽しいです。

 

何かものを作るというのもそうですが、

いろんなセクションの方が集まってみんなの知恵を絞って一つのものを作っていくというのは感動的です。

そして作ったものが世の中に発信されてお客さんの感想を耳にすることができたときは嬉しいものです。

(中には痛烈なことが書かれている場合もありますが(笑))

 

皆様もぜひゲーム業界を目指して頑張っていただければと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました